「バナー工房」の使い方

「バナー工房って、何ができるの?」

「バナー工房の使い方が知りたい。」

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでわかることは

  • バナー工房で何ができるかがわかる。
  • 画像に文字を入れる方法がわかる。
  • 画像にフレームをつける方法がわかる。
  • 画像を合成する方法がわかる。

こんにちは。さくっちょです。

今回は、画像加工ツール「バナー工房」の使い方を解説します。

ブログを書いていると、「ここに画像をいれたいな」って思うことありますよね。

実際、画像はとても効果的です。

読者は、ブログを読んでいるというより「眺めて」いるので、記事を読み進めるかどうかは第一印象で判断します。

パッと見たときに印象に残る画像があると、読者を惹きつける効果があります。

画像加工ソフトの「バナー工房」は無料で、インストールなしで使えます。

画像が好きなようにアレンジできるようになると、サイト作りも楽しくなります。

バナー工房でできること

例えば、下の画像のように漫画チックに吹き出しを入れることができます。

バナー工房でできることは

  • 画像に文字を入れることができる。
  • 画像を切り抜いたり、合成したり、容量を減らしたりできる。
  • フレームや枠をつけることができる。
  • 画像に効果をつけ、セピアにしたり、ぼかしたりができる。
  • 様々なスタンプを押すことができる。

などです。

画像の加工ができると、自分のサイトにオリジナリティーを持たせることができますね。

活用してほかのサイトとの差別化を計っていきましょう。

インストールなしで使えるバナー工房

インストールせずにこのまま使うことができるところがとても便利です。
バナー工房のサイトに行って、そのまま使うことができます。

「画像を選択する」をクリックします。

「開く」画面が出ますので、自分のパソコン内にある目的の画像を選びます。

画像をクリックして、目的の画像の名前がファイル名に表示されていれば「開く」をクリックします。

「画像を選択する」の横にファイル名が表示されますので、次に「画像を加工する」をクリックします。

画像が表示され、左側に加工の種類がでます。

文字入れや切り抜きができたり、フレームをつけたりスタンプをつけることができます。

文字を入れてみる

この画像に文字を入れてみます。

左上に「文字入れ」という箇所がありますので、クリックします。

文字を入力する画面が出ます。

入力したい文字を入れたら

  • 文字の大きさ
  • 書体
  • 横書きか縦書きかの指定
  • 文字の傾き
  • 文字の色
  • 影をつけるかどうか
  • 影の距離
  • 枠の太さ
  • 枠の色

を指定することができます。

入力したら、STEP①文字設定を変更・反映をクリックします。

文字が反映されました。ドラッグして好きな位置まで持っていきます。

確定するまでは何度でも直すことができますので、気に入るまで手直ししましょう。

決まったら、確定ボタンを押します。

できあがった画像は、保存をクリックして保存しましょう。

保存ボタンは一番上の右側にあります。

完成画像は、保存場所を指定していない場合はダウンロードフォルダに保存されます。

フレームをつける

次に、フレームをつける作業をしてみます。

「枠・フレーム加工」の下から「フレーム」をクリックします。

いろんなフレームが出てきますので、使いたいフレームをクリックします。

フレームの場合、選択範囲が四角形になりますので、切り取る箇所を調節します。
四隅の■をドラッグすることで調整ができます。
位置も上下させて調節してください。

決まったら、「切り取り実行」をクリックします。

フレームが付きました。

今度は、「確定ボタン」は要りません。このまま保存できます。

画像保存は、文字入力の時と同じです。

右上の「保存」をクリックでダウンロードファイルに保存できました。

画像を合成する

画像を合成してみます。

画像を開いたら、左側から「合成」をクリックします。

合成するファイルを選択するよう求められるので、ファイルを選択します。

「画像を選択する」をクリックし、目的の画像を「開く」にします。

このファイルを選択しました。

次に「画像をアップロード」をクリックしてください。

画像が差し込まれました。

右下の矢印でファイルの大きさを調整します。

完成です。

まとめ

「バナー工房」を使うことによって、画像に文字をいれたり加工することができます。

アイキャッチ画像を作るときにも便利ですし、画像を効果的に使うことで読者にイメージが伝わりやすい利点もあります。

使い方もとても簡単ですので、画像作成にあまり時間をかけたくないときにも「バナー工房」を活用してみてください。

こちらもどうぞ