ペルソナとは?マーケティングの肝

「ペルソナってなに?」

「アフィリエイトをするのにペルソナって重要なの?」

こんな疑問に答えます。

この記事を読んでわかることは

  • ペルソナとは何かがわかる。
  • マーケティングでペルソナが重要だということがわかる。

こんにちは。さくっちょです。

アフィリエイトだけでなく、どんな商売やビジネスもお客様が大切です。

「自分の売りたいもの」ではなく、「お客様が欲しいもの」を紹介しないとものは売れません。

「お客様」について、もっと掘り下げて考えてみましょう。

ペルソナを考える

ペルソナとは、ラテン語で「人格」という意味です。

が、ここで使用するペルソナは、マーケティング用語として使用する「商品やサービスのユーザー像を仮想の人物として定義したもの」を意味します。

つまり、自分のお客さんを細かく想定することです。

ペルソナを設定することによって得られるメリットは

  • ターゲットを明確にすることによって、アプローチが一貫する。
  • ユーザー目線を知ることができる。
  • 刺さる記事を書くことができる。

こういったメリットがあります。マーケティングでは欠かせない考え方になっています。

どんな年齢層にも、性別も関係なく売り込めたほうが広い客層に売れそうな気がしますが、じつはこれだと売れません。

ぼんやりとしたイメージでマーケティング活動を始めてしまうと、一貫性に欠けて結局誰にも刺さらない売り込みになってしまいます。

具体的な人物像を設定し、その人のニーズを満たすことを考えるのがユーザー目線の精度をあげることにつながり、効果的なマーケティングにつながります。

ペルソナを設定してみる

例えば、しみに効果のある美容液を扱うとします。ペルソナを設定してみましょう。

氏名、年齢、性別、学歴、どこに住んでいるか、職業、肩書、世帯年収、家族構成、現在の状況などを全部書き出してみます。

自分の知っているひとを思い出しながら書くのもいいでしょう。
その人に商品を紹介するような気持ちで記事を書いていくことができます。

ペルソナ設定の例

氏名:佐々木ゆみこ
年齢:45歳
性別:女性
学歴:短期大学
居住:さいたまのマンションに住んで8年目
職業:主婦
肩書: -
世帯年収:800万円
家族構成:夫
価値観やライフスタイル:
佐々木ゆみこは、人当たりがよく優しい性格。普段使うデバイスはスマートフォン。
夫の転勤でさいたまに住んでもう8年になる。
子供はいなくて、夫婦二人暮らし。夫は優しくて夫婦円満である。40歳になって少し肌のおとろえも気になってきたが、自分は専業主婦をしているので美容にそんなにお金を使うことはできない。
でも自分の趣味や生きがいが欲しいと思っていて、お金をあまりかけずに美容を楽しんでいけたらいいと思っている。

次に、ニーズを考えます。自分の思い込みや先入観で決めてしまわないようにブログや知恵袋、SNS、口コミなどを活用します。

知恵袋で「しみ 消したい」などのキーワードで検索する人はどんな悩みを持っているのか知ることで、必要な情報を提供することができます。

アフィリエイトで大切なのは、ユーザーの悩みや疑問への解答を提示することです。

ペルソナを設定し、定期的にブラッシュアップすることで効果的なマーケティングを行っていきましょう。